しおのポケモン考察記

ポケモンの構築記事や単体考察を載せてます。

初手ダイマックス構築の@2について考える

こんにちは。しおです。

本日は、皆さんご存知であろう初手ダイマックス構築の、現環境における裏2体をまとめていきたいと思います。

今シーズンも終盤ということで、気合入れて書いていきたいと思います!

 

はじめに

まずは初手ダイマックス構築について軽くおさらいしておきましょう。構築名の通り、初手でダイマックスを切る構築であり、初手ダイマで相手のポケモンを1.5体程度を持っていき裏の2体で相手のダイマックスをいなしつつ詰める、というのが基本的な戦術です。

この構築の強みはなんといっても立ち回りのシンプルさだと思います。やることが単純であり、全試合で一貫した動きができます。ですから構築段階でしっかりと練っていく必要があるわけです。

 

しかし、初手ダイマックス構築は現環境で大きく変化していると言えるでしょう。その1番の要因がミミッキュの不在です。

相手にミミッキュがいないことで、ダイマターンを稼ぎづらくなり、初手ダイマックスを止めるのは困難になりました。しかし、自分がミミッキュを使えないことで、初手ダイマックスの裏に最強の詰めであるミミッキュを置けなくなってしまったのです。

このような背景のもと、初手ダイマックス構築の裏2体をミミッキュ抜きで考え直す必要があると考えたため、このような記事を書くに至りました。

 

@2まとめ

タスキ枠+スカーフ枠

いわゆる対面構築の基本形ですね。前期まではタスキ枠+ミミッキュが基本でしたが、今期はミミッキュがいないので代わりにスカーフ枠が良いと思います。スカーフを持って素早さを上げれば、単純な行動回数が増えるので対面性能が上がるという話です。

現環境のタスキ枠は基本的にウーラオスが最強でしょうね。スカーフ枠はパッチラゴンやヒヒダルマあたりが強そうですかね。

 

トリックルーム要員+トリルエース

一時期初手ダイマックス+ミミノラゴンという構築が流行っていたように、トリル要員もミミッキュが頭一つ抜けていたと思います。今期は使えないので、挑発が効かずに自主退場できるタスキブリムオンがトリル要員では最強だと思います。

トリルエースは鉢巻ウオノラゴン、アローラガラガラドラミドロ、眼鏡バクオングあたりが無難に強いでしょうね。

しかし、この戦術は選出段階で読まれやすいという欠点がありますね。

 

後攻の尻尾オーロンゲ+バタフリー

この並びは今期もそのまま使えますね。オーロンゲで後攻の尻尾トリックをしてバタフリーの起点を作るという戦術です。

すり抜けドラパルトやバンギラスがいないのはバタフリーにとっても追い風であり、通りが良さそうだと思います。

 

毒菱ペンドラー+まもみがオーロンゲ

前期まではペンドラーエルフという並びがありましたが、今期はエルフーンがいないので代役はオーロンゲが良さそうです。

タスキペンドラーで毒菱を撒いてオーロンゲでまもみがして詰めるという戦術です。しかし今期はゲンガーやドヒドイデモロバレルといった毒タイプのポケモンが個体数を増やしているため、通りはあまり良くなさそうですね。

 

後攻の尻尾オーロンゲ+積み(詰み)

オーロンゲで後攻の尻尾トリックをして、後続で積んで詰ませるという戦術です。

詰ませポケは、鈍いカビゴンやアッキ瞑想ピクシー、溶ける瞑想ランクルスなどが考えられますが、ウーラオスの個体数を考えるとアッキ瞑想ピクシーが1番良さそうですかね。

 

受け回し2体

初手ダイマックスで数的有利を取り、受け回しでTODを狙うという戦術です。ドヒドイデナットレイは守るも絡めて時間稼ぎができるので優秀ですが、パッチラゴンが環境トップなのが気になりますね。ウーラオスホルードなども崩し性能が高くて厄介なので、環境的には向かい風かもしれません。

 

以上になります。色々考えてみましたが、個人的に初手ダイマ構築の@2は、オーロンゲバタフリーかタスキ枠+スカーフ枠が強そうだと感じました。

ミミッキュがいないのは初手ダイマ構築にとって追い風なのか向かい風なのか、なかなか難しいですね。今期初手ダイマ構築で上位を取る人が現れるのかが楽しみです。

長々と書きましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

最終11位の構築記事:スカーフエアスラ運ゲスタン

人気の考察記事:弱点保険ウーラオスの初手ダイマは絶対強い

前回記事:弱保サザンを使いたい

 

【単体考察6】弱保サザンを使いたい【ポケモン育成論】

こんばんは、しおです。

本日は、これから作ろうと思ってるサザンドラを自分用のメモも兼ねて投稿したいと思います!

 

サザンドラ

f:id:shio_poke:20200921222818g:image

持ち物:じゃくてんほけん

特性:ふゆう

性格:いじっぱり

努力値:236-252-4-0-4-12

実数値:197-172-111-130-111-120

技構成:ダブルウイング・アイアンテールりゅうせいぐん・じしん

調整意図

H-B:DM中A182鉢巻ウーラオスインファイト確定耐え

H-D:DM中D+1でC特化アシレーヌのダイフェアリーを68.8%で耐える

A:数値が足りないので特化

S:+1で最速ゲンガー抜き

現環境のサザンドラは基本的にスカーフをケアされると見越して、弱保で使おうと思う。

ダイジェットを打てる・アシレーヌに打点を見込めるというメリットを考慮しての物理型。基本的にアシレーヌを受け出しされやすいので、そこにダイジェットを打ち込んでゴリ押していけるんじゃないかと考えている。

龍技は逆鱗でも良さそう。また、悪技や炎技を入れるという選択肢もある。実際に使いながら考えていきたい。

強いかどうかはわからないが、刺さったら楽しそうなのでしばらく使ってみたいと思う。

 

以上になります。今日帰ったら早速育成して使ってみます!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

最終11位の構築記事:スカーフエアスラ運ゲスタン

人気の構築記事:弱点保険ウーラオスの初手ダイマは絶対強い

前回記事:Switch Liteが帰ってきました

【プライバシーポリシー】

プライバシーポリシー 

広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。

Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関して、詳しくはこちらをクリックしてください。

また、『 しおのポケモン考察記』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

 

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。

このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。

 

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

当サイトでは、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

 

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。

記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

運営者:しお

初出掲載:2020年9月21日

【ご報告】Switch Liteが帰ってきました

お久しぶりです。しおです。

先週は1週間ほど研究で広島にいたため、その間にSwitch Liteを修理に出していました。

またそれに伴いリアルが少し忙しかったため、投稿をお休みしていました。

そして無事に修理が完了し、昨日帰ってきました!

f:id:shio_poke:20200920211947j:image

修理の詳細ですが、右のスティックが不調だったので交換してもらいました。保証期間だったので、5000円ほどでスティック自体を交換していただき、スムーズに動くようになりました!

修理を検討している方の参考になればと思います。

 

というわけで、久しぶりにポケモンができる環境になったので、シーズン終盤ですがこれから頑張って行きたいと思います!

昨日は少しだけ潜りましたが、先日考察したラビフットが意外と強くて楽しかったです笑

ようやくリアルが落ち着いたので、これからまた毎日投稿を目標にやって行きたいと思います!明日からはまたいろんなポケモンを考察していきます。今後とも本ブログをどうぞよろしくお願いします!

 

前回記事:最強のローブシンを考えてしまいました

【単体考察5】最強のローブシンを考えてしまいました【ポケモン育成論】

こんにちは。しおです。

本日は最強のポケモンを思いついてしまったので、久々に単体考察を行います!

ドラパミミキッスがいない今、格闘技の通りが良くなったことでローブシンが刺さるのではないかと思い、環境に適応した型を考察してまいりました!

 

ローブシン

f:id:shio_poke:20200916230712g:image

持ち物:きあいのタスキ
特性:てつのこぶし
性格:いじっぱり
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値:181-211-115-x-85-97
確定技:マッハパンチ・かみなりパンチ・カウンター
選択技:ドレインパンチアームハンマー
調整意図:AS火力特化

現環境でローブシンがあまり使われない理由を考えたところ、アシレーヌやパッチラゴンが厳しいところが1番の要因だと思った。しかし、タスキを持たせることで、本来の役割を維持したままこの2体有利不利を逆転させることに気づいた。

準速でも大半のアシレーヌより速い。また、H振りアシレーヌを雷P+マッパで高乱数で落とせるため、タスキ以外のアシレーヌには有利対面と言えるだろう。ちなみにHBはアクジェ持ちがほとんどいないので、上から雷P2発で勝てる。

パッチラゴンはダイドラグーンかダイジェットから入ってくる可能性が高いが、そこに読まれないタスキカウンターが刺さる。ダイマックスカウンターで飛ばせれば爆アドが取れる。

ちなみに雷P+マッパで水ウーラオスも高乱数で落とせ、水流連打+アクジェは耐えるのでこれまた有利対面になる。

技スペが1つ余るが、タスキとのシナジーが強いドレインパンチが最もオススメだ。アームハンマーでHBカビゴンが落ちるなら採用価値はあったが、残念ながら落ちないようなので微妙だと思う。

 

このローブシン、考察した感じでは多くの相手に対面で勝てそうですね。気になった方はぜひ使ってみてください!

汎用性を損なわず有利不利を逆転させることは非常に強いので、今後もこのような奇抜な型を開拓できるよういろいろ考察していきたいと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました!また次回もどうぞよろしくお願いします!

 

最終11位の構築記事:スカーフエアスラ運ゲスタン

人気の構築記事:弱点保険ウーラオスの初手ダイマは絶対強い

前回記事:ポケモンで勝てるようになる方法

 

ポケモンで勝てるようになる方法

こんにちは。しおです。

本日は、ポケモンで勝てるようになる方法を自分なりにまとめてみたので、紹介したいと思います!

 

① 知識を身につける

これはポケモンというゲームをやる上で大前提となります。相手が何をしてくるか、どういう選択肢があるのか、といったことは相手のポケモンに対する知識があった上で読めるようになることです。

メジャーポケモンの型についてはあらかじめポケモンHOMEの持ち物ランキングなどで把握しておくことをオススメします。

マイナーポケモンについては実際にマッチングして、戦うことで覚えていきましょう。

 

② 厨ポケを使う

厨ポケを使うことに抵抗がある人はいくらかいると思いますが、勝ちたいならまず使った方が良いです。厨ポケと呼ばれるポケモンたちは非常にスペックが高いので、パーティに入れ得であり使わない理由がありません。

しかし、厨ポケを使うことは誰でもできる上、対策も十分にされているため、それだけでは勝てません。そこで、厨ポケのややマイナーよりな型を使うことで、相手のメタを外すことができる上にスペックの高さでゴリ押せるため強いです。

例えば、最終11位を取った前期構築では、思念とアイヘ両採用の珠エースバーンや準速ゴリランダー抜きの速いアッキミミッキュなど、厨ポケ本来の強さは失わずとも相手からは考慮されづらい型を使いました。こいつらが見事に刺さり、結果につながったというわけです。

また、ポケモンをやる上で、厨ポケと呼ばれるポケモンたちは絶対に対策しておかなければなりません。そいつらの弱点を知るには実際に使ってみることが1番であり、厨ポケを使うことでそいつらの対策を考えることにも繋がります。

 

③ 構築の核となる強い選出を考える

パーティ構築は6体ですが、実際に選出するポケモンは3体です。ですから、強い3体の並びを組むことが最も大切です。

究極の理想は、大半のパーティにその強い3体を選出し、それできつい一部の並びに対するメタを残りの3体で補う、という構築です。また、残りの3体は基本選出が通りやすくなるようなポケモンを選出誘導するのも良いです。

こうすることで、いわゆる「選出択」が起こりづらくなり、戦績が安定すると思います。

核となる3体は、

(1) 勝ち筋が明確で汎用性が高い

(2) 環境TOPの並びに刺さる

の2つを満たせば、強い並びになるでしょう。

簡単に書きましたが、実際に行うのは非常に難しいです。ランクバトルの環境は常に変化し続けるので、常に流行りを把握しそれに刺さる並びを考えていく必要があります。

 

長くなりましたが、要するに厨ポケを使ってたくさん対戦することが、上達への近道だと思います。

しかし、ただ対戦すれば良いというわけでもなく、1戦1戦で「なんで勝てたか」「なんで負けたか」ということを考えながら戦いましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

最終11位の構築記事:スカーフエアスラ運ゲスタン

人気の単体考察:弱点保険ウーラオスの初手ダイマは絶対強い

前回記事:最終11位のポケモン廃人が教える「努力値調整」

最終11位のポケモン廃人が教える「努力値調整」

こんにちは。しおです。

最近はよくポケモンの単体考察を記事にまとめているのですが、考察の際にはたいてい努力値調整を行なっています。しかし、努力値調整は、慣れていないと難しい行為だと思います。

そこで、参考になればと思い、ポケモン努力値調整を行う際に意識することをまとめてみました!

優先度が高い順に並べていきます!

 

① 仮想敵を設定する

ポケモン努力値調整をする際は、1匹ないしは複数の仮想敵を設定し、そのポケモンたちに合わせた調整を施すことが基本になります。

仮想敵の選定ポイントは、

これらを意識すると良いでしょう。

使用率の高いポケモンを仮想敵にすれば、その調整の活きる場面が多くなり、調整する価値が大きいと言えます。現環境ではパッチラゴンやアシレーヌ、ウーラオスなどを意識するのが良いでしょう。

有利を取れるポケモンは、この記事のヒポポタスの調整が良い例です。

shio-poke.hatenablog.com

読んでいただければ分かりますが、ヒポポタスが有利を取れるパッチラゴンを意識した調整を施しています。これにより、有利な相手に確実な役割遂行を果たせるというわけです。

調整を施すことで有利不利が変わるポケモンの例は、この記事のウーラオスの調整が良い例です。

shio-poke.hatenablog.com

弱点保険型のウーラオスが本来苦手とするパッチラゴンを意識した絶妙な火力・耐久・素早さ調整を施すことで、有利不利関係を逆転させています。

 

また、厳しすぎる仮想敵の設定をしても悲劇が起きます。この記事のサザンドラが良い例です。

shio-poke.hatenablog.com

サザンドラが極めて苦手とするアシレーヌを倒そうとした結果、大半の型のアシレーヌにも勝てず汎用性もない弱いサザンドラが誕生してしまいました。

 

しかし、仮想敵を意識しすぎて汎用性を落としてしまうのももったいないです。ですから、仮想敵の数はあまり増やさず、ほどほどに意識することをオススメします。

 

② 素早さ調整をする

ポケモンにおいて、先手を取れるかどうかによって有利不利が大きく変わるため、行動順番を定める素早さが最も重要なファクターになります。そのため、努力値調整する際にはまず素早さラインの設定から始めましょう。

素早さラインは仮想敵に合わせるか、激戦区を意識するのが良いでしょう。「こだわりスカーフ込み」や「素早さランク+1」を前提に調整するのも重要です。

素早さの激戦区は環境によって変わってくるので、実際に潜ることで把握すると良いです。激戦区を意識した調整は、前期構築のアッキミミッキュが良い例です。

shio-poke.hatenablog.com

この構築のアッキミミッキュは、素早さを準速ゴリランダー抜きの138まで伸ばしています。ここまで伸ばした1番の要因は、アッキミミッキュミラーを制するためです。潜った経験則から前期は準速パッチラゴン抜きの128近辺が激戦区だと睨んでいたので、そこから138まで大きく伸ばすことで、アッキミミッキュミラーで確実に勝てるようにしました。

 

「素早さを制する者はポケモンを制す」をモットーに、素早さ調整を真っ先に行うことを勧めます。

 

③ 火力・耐久調整を行う

耐久調整の基本は、HPに努力値を振ることです。HPに振れば、物理・特殊の両方の耐久値が上がるので基本的には効率が良いです。ただし、ハピナスなどの極端にHPが高いポケモンは、HPに振るより防御と特防に振り分けた方が耐久値が上がりやすいです。

HP=防御+特防

というステータスを意識して調整を行うと良いでしょう。(ただしよっぽどHPが高くない限り、HP最優先で良いと思います)

HPは、定数ダメージ・回復量の効率を意識した値にするのが基本です。

  • 16n-1:定数ダメージ最小
  • 10n-1:命の珠の被ダメージ最小
  • 16n:食べ残しの回復量最大

また弱点を突かれた際の被ダメージは偶数になるため、HPは奇数にした方が効率が良いと言われています。

まずHPの値を設定した後、仮想敵に合わせて防御・特防の数値を設定します。

努力値には限りがあるので、耐久調整と同時に火力調整も行わなければなりません。この兼ね合いが非常に難しく、無限の選択肢があります。

そこで、「性格補正を掛けるステータス値を11nにする」ことを意識すると、一つの判断基準になるのでオススメです。性格補正は切り捨ての関係上、11nが最も効率が良いので覚えておくと良いでしょう。また、性格補正は最も高いステータスに掛けるのが最も効率的です。

 

長々と書きましたがいかがだったでしょうか?

今回の記事を読んで、ポケモン努力値調整に興味を持った方がいらっしゃると嬉しいです!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

最終11位の構築記事:スカーフエアスラ運ゲスタン

関連記事:

弱点保険ウーラオスの初手ダイマは絶対強い

ヒポポタスの調整を真面目に考えてみた

前回記事:ポケモンができないときにポケモン廃人がすること